新着情報

2013年6月26日 この芸能人が今年ブレイクするのではないか

毎年何人かの芸能人が脚光を浴びて、注目されたり、その言葉が流行語になったりしますが、今年、私がブレイクしそうだと思っているのはちゅうえいです。 今年はすでに、子どもが見るテレビ番組に出演しているので、大人よりも子どもに好かれるのではないかとも思いますが、なかなかさわやかな感じだし、また体当たりな感じがするので分かりやすい点が受けるのではないかと思っています。 また、既に色々な番組に出まくっていると「またこの人か」という感じがしてしまう事も有りますが、それほどゴールデンの番組に出まくっているわけではないので、まだ新鮮味があるという所もお勧めする理由です。 やはり、芸能人が注目される条件の一つが、新しさだと思うのですが、この人はなかなかその点ではいいのではないかと思っています。 もう一人は金城大和です。 この人は戦隊ヒーローものに出ている人なのですが、見た目が結構個性的でなかなかいいのではないかと思います。 戦っている姿しか私は見たことがありませんが、それ以外の役柄を演じてもなかなか似合うのではないかと思うし、またその姿を見てみたいと思わせる人物だと思うのです。 このような理由から、私は今年注目される芸能人はこの2人ではないかと思っています。

お金がないお金がないっていつも考えてません?

お金がなければ無駄遣いしなきゃいい、なんていうのは百も承知。
言う側も十分分かってるんですよね。

そう、お金がないのは不満ではなくもはや口癖!
お金がないのが常になってしまっているんです。

このお金がないが口癖の人が今とても増えています。
確かに、不景気だからお給料が上がらない、税金はいっぱいとられる…
こんな世の中じゃ当たり前のことかもしれませんね。

お昼はお弁当で外食は月に一度、
スーバーの特売日をチェックして良いものを少しでも安く、
光熱費を抑えるために夜は早く寝る…

一生懸命節約すればある一定の効果は出せますが、自分でコントロールできる支出には限界があります。

この不景気の寒波を節約で耐え忍び、景気が良くなるのを辛抱強く待つしかない…。

多くの人はそう考えますが、あなたはどう思いますか?

寒さを我慢して、いつ来るかわならない春を待ち続けるのか、
それとも自ら火を熾し、暖をとるのか。

どうせなら、自分から動いた方が良いです。
だって待ってる間がもったいないですから!

なぜ多くの人が自ら動かないのかというと、
「耐えることに慣れてしまったから」
ということと
「自ら動くという選択肢さえ思いつかないから」
なんですね。

自ら動くことって、普段積極的に動かない人にとってはとても困難で乗り越えられない厚い壁なんです。
だから、辛くても耐える方が「楽」になってしまうんですね。

乗り越えられないと思っていた厚い壁も案外簡単に攻略できる道具を持っているかもしれないのに、
試そうとしない。

あなたにも思い当たる節はありませんか?

自ら火を熾す人がすること

でもここまで読んだあなたは、きっと「自ら火を熾す人」に該当すると思います。
「耐え忍ぶ人」は途中で読むのをやめてしまいますから。

ところで「自ら火を熾す」ということをお金がない場合に当てはめると、どうなるのでしょうか?
節約は我慢する行為ですから、つまりその逆のお金を増やすことが火を熾す行為ですね!

お金を増やすとしても、ギャンブルは置いておきましょう。
腕に自信のある人なら止めませんが、大抵の場合はマイナスになってより耐え忍ばなければならなくなります。

ここは手堅く堅実に増やして冬を温かく乗り越えたいところです。
そうなるとやはり副収入を得ることが一番でしょう。

上ではギャンブルは置いておきましょうと言いましたが、競馬は少し違います。
パチンコやスロットなどは運に頼る部分が大きいため安定的に副収入を得るのは難しいですが、
競馬の場合は必要なのは運ではなく知識とデータです。これさえあれば大抵勝てます。

しかもありがたい事に、
競馬には予想のプロの人がたくさんいて、さらにありがたいことに無料で情報を提供してくれてたりします。
競馬情報サイトは江戸川乱舞のスピリッツが今のところ有名でしょうか。
ここのサイトは予想の参考にしている方も多いそうで、実際によく当たっていますね。

株に興味があるならこれを機にトライしてみるものありですね。
株は勉強してやり方やルールを身に着け、実戦で試して経験を掴めば
あとは欲に駆られず理性を保てば堅実に稼げる投資の1つです。

株も競馬も今の時代スマートホンやPCがあればいつでもどこでもできてしまいます。
本当にありがたい時代になりましたね!

遊びながら稼ぐ!なんてどう考えても最高だと思いませんか?
さあ、ぐずぐずしている暇はありませんから、早速第2の収入源を見つけましょう!